THE LAST SLEEP
自己中心我儘日記サイト[理解して下さる方のみ閲覧希望]
   ややグロ写真日記「快楽スーアサイド」更新再開
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2011.04.11 Monday 】 author : スポンサードリンク | - | - | - |
人は弱いものよ、そして儚いもの
今日ね、あなたの住む町へ行きました。
今日もね、雨だった。
アタシタチアメオンナダネって言い合ったのを、今になって思い出しました。
あの頃が、眩しいね。
立ち眩みが、するでしょ?(あたしだけかな?)
そう、いつか会えたら、好きって言う。
1年間ギリギリで保ち続けた事を、その日崩すね。
読まれない手紙だから言える事、ごめんなさい。
ね、未だあの人と付き合っているんでしょう?
だから、突き放してね。
そうしたら、やっとあたし、決別出来るような予感がしてるの。


だから、あなたの台詞で

 
【2004.10.08 Friday 17:30】 author : ゆらり/ゆらゆらり | 彼女への手紙 | comments(0) | trackbacks(0) |
一足早くこの世界とサヨナラしない?
かのじょへのてがみ、



あと4日ですね。また余裕無いのに無理して居ませんか?
貴方は笑って居ても、泣いている時があったので、あたしは心配です。

19日、アルバムを渡そうとしてある貴方を露骨に避けてしまい、ごめんなさい。
未だあたしは、気持ちを片付けられずに居るので、辛く当たってしまいそうだったんです。
良い気分は、しなかったでしょうね。
今更ですが、あたしは貴方に会えて良かったです。
色々考えさせられたし、楽しかった。
こんなあたしに気付けたし、思い出がいっぱい出来た。
あたしは何にも出来なかったけれど、支えてくれたと言ってくれて、ありがとう。
あたしの方こそ、ありがとう。

今のあたしには無理だけれど、いつか、会えた時には、笑顔で胸を張って、向き合って居たいです。

春からも、貴方らしく居て下さい。
抱え込み過ぎないでね、貴方甘え下手だから。








*****************

あたしが打ちながら泣いた事は内緒

 


【2004.02.21 Saturday 11:18】 author : ゆらり/ゆらゆらり | 彼女への手紙 | comments(0) | trackbacks(0) |
君のその潔さが 全てを見抜く から。
貴女が綺麗なので、あたしは惨めです。

立ち振る舞いも思考も後姿も笑顔も指も言葉も。

とても、綺麗。

あたしとは大違いです。

信じたかったあなたの言葉も、見る度に嘘臭くなってゆきます。

それは、あたしが醜いからだと、思います。

貴女の言葉があたしのフィルターを通ると、途端に汚くなってしまう。





あー汚い。


【2004.02.20 Friday 18:37】 author : ゆらり/ゆらゆらり | 彼女への手紙 | comments(0) | trackbacks(0) |
まっしろな雪のその裏側さえ。
かのじょへのてがみ、



受験勉強はかどっていますか?
脆い貴女の身体ですから、あまり無理はしないで下さい。

あたしは未だ、4ヶ月前から進めずにいます。
貴女から貰った物は総て、あたしを苦しめます。
貴女の好きな人の唄う歌は、あたしに耳を塞がせます。
貴女の好きな飲み物をあたしは飲まず、貴女との思い出の場所をあたしは極力避けています。
こうしてしか生活出来ないのです。
自分に甘いのです。

あたしは1日に1回以上、あたしが貴女にした仕打ちを思い出すようにしています。
10まで揚げた所で、内臓が握り潰されます。
でも、あたしは其れを止めません。
その痛みは罰だと思うから。
神様は、あたしなんかの為には罰も与えて下さらないから。
それにそうして思い出を思い出す事で、あたしは生きてゆけるのです。

「記憶の中で ずっと2人は 生きてゆける」





【2004.02.09 Monday 18:27】 author : ゆらり/ゆらゆらり | 彼女への手紙 | comments(0) | trackbacks(0) |
今年は雪が見えるかな
かのじょへのてがみ、



こんにちは、お元気ですか?
もうしばらく話していませんね。
多分これから書く話は、自分勝手で、支離滅裂になるだろうと思います。
それでも、この手紙はあなたには届かないので、少しだけ。
否、全部書くんですけど、大した量にはなりませんから、黙読して下さい。


先ず、多分あなたはこんな事望んではいないだろうけど、謝らせて下さい。
きっとあたしは押し付け過ぎましたね。愛とか、想いとか。
その癖突き放した。
きっとあの時もあの時も、あたしはあなたを抉ったのでしょうね。
抉ったその上にあたしは「しんゆうだよね」「だいすきだよ」と塩を擦り込んだんですね。
その時実は、あたしはあなたが痛がっている事に気付いていました。
それをイヤホンのボリュームを大きくして気付かぬ振りをしていました。
そして、もっと深く塩を擦り込みました。

何度も通ったマック、ロッテ。あたしの部屋もあなたの部屋も、あたしの家もあなたの家も。あのカラオケも、使われていない教室も。あの時渡した手紙も先生との事を冷やかしたメールも。無駄に打ち明けたあの日のミスドも。

全部、あなたを苦しめていますね。いましたね。
あたしはあれからずっと、色々な方法であなたのあのメールの真意を測ろうとしています。(それは答えなど無いのですけどね。)

また、あたしは勝手に1つ決めた事があります。
もうあたしとあなたは卒業までは関わるべきではないと思うのです。
あなたがあの日のミスドで言った「卒業してからの方がうまく行く」との言葉は真実でしょう。
ですから、もうこれきりにしたいんです。
あたしの我侭であなたに時間を割かせる事も、不快な思いをさせる事も得策ではありませんね。
あなたがもし望んでくれるならあなたから何かしらアクションがあるだろうし、あたしはそれをいつまでも待とうと思います。
今まであなたに息を吐かせる時間も与えなかったあたしですから、これくらい待つのは義務だと思っています。



では、これから更に寒くなりますから、風邪には気を付けて。

 


【2003.12.14 Sunday 20:12】 author : ゆらり/ゆらゆらり | 彼女への手紙 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
カラーコーディネーターになりたいっ!★ヒューマンアカデミー★
LINKS
PROFILE
SEARCH
RECOMMEND
南風
南風 (JUGEMレビュー »)
レミオロメン, 藤巻亮太